TEL. 0827-43-2270

〒741-0062 岩国市岩国1−1−7
 岩国国際観光ホテル内 ・

運営方針

ROTARY テーマ・信条・指針 (2018-19年度)

国際ロータリー 2017-18年度 RI 会長テーマ インスピレーションになろう
                BE THE INSPIRATION

国際ロータリー 第2710地区  ガバナー信条  「輝こうロータリー ふたたび!
                   
    

岩国中央ロータリークラブ会長指針  変化に対応するため、
                   今一度 ロータリーの原点を!



クラブ会長 メッセージ

                
             岩国中央―タリークラブ 会長 野嶋 雅孝 


                 
                  

2018-2019年度RI会長のテーマは「BE THE INSPIRATION」(インスピレーションになろう)です。インスピレーションと言う単語は様々な意味を持っており、敢えて日本語に訳されなかったという事で、私は「人、地域社会の創造性を刺激(鼓舞)する人間になろう」というふうに解釈しました。
 吉原ガバナーの信条は「輝こうロータリー、ふたたび!」基本目的は「間を増やそう、すべてはそこから始まる」です。
  RI会長、ガバナーの思いは “会員一人一人がもっとロータリーを理解し、変化を恐れず行動し、そして魂の入った仲間を増やすことで、元気なクラブ・元気な地域社会を作りましょう”と言う事だろうと思います。
 現在、岩国中央ロータリークラブは、歴代会長の熱意、会員の協力により、纏まりのある元気なクラブになっています。又、昨年はガバナー年度、地区大会etc.を経験し、会員間に強い絆が生まれました。が、達成感の後の虚無感に落ち入らないようにお願いします。私はこの良い流れを絶やすことの無いよう、歴代会長の熱意を継承し、生き生きと活動するクラブの運営にあたりたいと思っています。
 吉原ガバナーは「これを変えてはロータリーではなくなる」「これを変えなければ生き残れない」という課題を出されました。
  昨今、ロータリーは大きく変化しています。どのように、なぜ変化したのか、又それに対して会員一人一人が、クラブが、どう考え、どう対応していくのか、今一度ロータリーの基本理念、仕組みを振り返ってみる必要があるのではないでしょうか。
  そこで“変化に対応するため、今一度 ロータリーの原点を!”を本年度のクラブテーマとさせて頂きました。
 会員の皆様、ご協力を宜しくお願いします。

           
 
クラブ幹事


岩国中央ロータリークラブ 幹事 井上 哲也



 


   

クラブの活動計画
 

岩国中央ロータリークラブ組織図
2018-19年度組織図(拡大)へ



委員会活動計画

クラブ管理運営委員会
委員長 白木健太朗 リーダー 吉良昭治  仝 白木利典  仝 岡田裕之
 委員 安本政人 石川誠 藤本貴也 米田範光 藤井英樹 岡田裕之
    稲田博文 (11名)

担当分野
・プログラム ・出席 ・親睦
  
活動計画

[プログラム担当]  リーダー 吉良昭治  安本政人 石川誠

@魅力ある例会づくり
A卓話者の選定は、地域密着・ロータリー特別月間・がん予防推進を意識 する。
B青少年育成関連RA等の卓話者を招聘する。

[出席担当] リーダー:白木利典  岡田一夫 稲田博文 杉本博明
・例会出席はロータリー活動の原点であることを会員全員が再認識するよ うに努める。
 @出席担当は、例会開始よりも分程度早めに例会場に到着して、例会の
  準備及び会員の出席確認を行う。会員が気持ちよく出席できるように
  受付の雰囲気づくりに努める。
 A例会欠席者がメークアップを行いやすいように、他クラブの例会情報
  を伝えるなど、出席の促進に努める。
 B例会欠席者の連絡は当日10時までに入れるよう全会員に徹底する(昼
  食のキャンセルの都合)。
 C入会3年未満の会員には入会後早めに会に打ち解けるように、出席担
  当でなくてもなるべく例会受付の場に立ち、挨拶をしてもらうように
  促す
 D多数回連続して例会を欠席している会員には連絡を入れ、状況把握と
  例会出席またはメークアップを促す。
 E地区大会・IM等のロータリー各種会合への出席を促す。
 F年間皆出席会員を祝い、記念品の贈呈を行う。
 G可能な限り、担当の垣根を越えて、委員会内で協力する。

[親睦担当] リーダー:岡田裕之  藤本貴也 米田範光 藤井英樹 藤島陽将
・「親睦」は「奉仕」と並んでロータリーにおける最重要活動であること
 を理解し、全会員の協力のもと、当クラブならではの明るく楽しい雰囲
 気づくりに貢献する。
 @各種会員記念日を祝い、記念品を贈る。
  ・入会
  ・会員誕生日
  ・会員配偶者誕生日
  ・会員結婚記念日
 A年男・年女・長寿を祝い、記念品を贈る。
  ・年男(女)
  ・長寿
 B慶弔、その他(結婚・出産・受賞等)
 C家族例会・夜間例会を全会員が参加できるような内容で企画・実行す
  る
  ・家族例会(10月)
  ・忘年例会(12月)
  ・創立記念例会(1/30)
  ・最終夜間例会(6月)


公共イメージ委員会
委員長 松川卓司  リーダー 松川卓司 仝 安部千津子 仝 藤本貴也
    (3名)

担当分野 ・広報 ・ウエブサイトとFacebook ・クラブ会報

活動計画 

[広報担当] 松川卓司
・通常活動やその他社会的貢献事業が実施された場合、「日刊いわくに」等  報道機関に通知し、広報活動を行う。

[WEBサイト(HP,Facebook等)担当] 藤本貴也
[クラブ会報(週報)] 安部千津子
 当クラブの週報は他クラブと比べ内容が充実しているので、例年通りで実 施 する。 ウェブサイトは対外的アピールだけでなく、会員の週報確認に も役 立 っている。 今 後は個人情報保護に留意しながら実施していく。



会員組織委員会
委員長 細川芳朗  リーダー 安田年光 仝 高橋俊彦 仝 三木幸作
  仝 中村義行  (5名)

担当分野
・会員増強・会員選考 ・職業分類 ・会員維持 ・ロータリー情報

活動計画
 現在、会員数は43名である。クラブの存続・発展のためには会員の増強と維持が必要不可欠である。充実したクラブ活動と運営を目指すことを第一目標とし、現会員同士の連携を深め退会防止に努める。特に、新たなクラブの広がりのために若く活力のある方、現在我がクラブに無い職種の方、特に女性の増強に力を入れたいと思っています。

[会員増強担当] (リーダー 中村義行) 
 ・会員より情報を収集する。
  @自クラブにおいて、必要と思われる職業
  A入会候補者が在籍していると思われる事業所の情報 
  B入会するかもしれない、という方の氏名
 ・無理に増強する必要はないが、クラブの存続・強化・発展には必要不  可欠である。
 ・「一度断念した」という先入観を持たずに、候補者には最低3度アプ  ローチする。 
[会員選考担当] (リーダー 高橋俊彦)
紹介者、同業種、関係職種の会員の意見をもとに、ロータリークラブ会 員としての適格性を充分検討する。
[会員分類担当] (リーダー 坂井建正)
・職業分類表の未充填部門を再検討して、地域に根ざした人材の発掘を  する。
[会員維持担当] (リーダー 三木幸作)
 会員一人ひとりに気くばりし、お互い元気かと確認しながら奉仕活動を する。出席率の低い人に声かけする。
[ロータリー情報担当] (リーダー 安田年光)
 吉原ガバナーのガバナー信条 
  「輝こうロータリー ふたたび!」
 野嶋会長のテーマ
  「変化に対応するため、今一度 ロータリーの原点を!」
 を軸に会員の親睦を図る運営をする。
 具体的には、例会、週報、FSM、新入会員研修会などを利用して情報提 供する。

奉仕プロジェクト委員会
委員長 勝井優  リーダー 藤本治道 仝 瀬土照章 
          仝 菊重隆之 仝 柳井卓正
 委員 長濱僚昭 山田輝城 都志見格 大島眞理 川岡茂美
    冨津田孝麿 藤重英格  (13名)
 がん予防推進コンサルタント 石井明光 藤本治道 山田輝城 都志見格
               大島眞理

担当分野
・職業奉仕 ・社会奉仕 ・国際奉仕 ・青少年奉仕 ・がん予防推進
 
活動計画
 各委員会のリーダーの自主性を尊重し、かつ、クラブの融和を図りながら、会長テーマに則り、委員会毎の連携を重視して、年間活発に活動します
 
[職業奉仕担当] (リーダー:瀬土照章  都志見格 藤本等)
ロータリアンの原点である職業奉仕の理念の再確認
・会員の創立記念日を週報に掲載し、祝福する。 
・「四つのテスト」(第2週)を例会で唱和する。
・新会員に入会時「四つのテスト」と「ロータリーの行動規範」を贈呈する
・会員の職場訪問例会(リニューアルした岩国市民会館)を開催

[社会奉仕担当] (リーダー:柳井卓正  山田輝城 藤重英格)
 ・ペリースクールと通津小学校の交流事業への支援、協力
 ・「小さな親切」運動への参加

[国際奉仕担当] (リーダー:藤本治道  大島眞理 川岡茂美)
 ・米軍基地がある岩国市では、米国人と市民の友好と交流を深めることが
  大切であり、基地にいる米国の人々を「基地資源」と捉え、市内の学生
  達の英語教育や国際交流等に協力・後援する
 ・ペリースクールと通津小学校の交流事業への支援、協力
 ・愛宕山に新設された「交流の場」において、日本文化を両国の子供達に
  体験してもらう
 ・日韓スピーチコンテストへの協力

[青少年奉仕担当] (リーダー:菊重隆之  長濱僚昭 冨津田孝麿) 
 ・ペリースクールと通津小学校の交流事業への支援、協力
 ・RI常設プログラムである、RYLA、IA、RA、青少年交換関する理解を
  促進する活動 
 ・非行・暴力・薬物乱用等「青少年問題」に関する行事、会合への積極参加
 ・佐々木小次郎杯剣道大会への協力

ロータリー財団委員会
委員長 西本守利  リーダー 西本守利  仝 森本洋一 (2名) 

担当分野
・米山記念奨学会 ・補助金・奨学金・学友会

活動計画
 藤中ガバナー年度終了後の本年は、昨年に比べると地区目標達成は厳しい 状況になると思われるが、ロータリー財団や米山記念奨学会に対しての会 員の理解を今一度深めて戴くための卓話者を招聘する等、寄付活動を地道 に取り組んで行く。

SAA
SAA 山本利治  副SAA 矢野英夫  仝 森脇龍一  (3名)

活動計画
 例会のスムーズな進行、来訪者に対するおもてなし、そして例会場の和や かな雰囲気づくりを心がけ、会員の親睦の輪が拡がるよう努める。
 会員間で「スマイル」な話題(SmileNewS))を共有し、例会が一週間の中 の楽しみな行事となるよう心掛けていきたい。

会 計
会計 藤重英格  出納 白木利典   (2名)

活動計画
・クラブの収支予算執行状況を適確に把握して厳正に管理する。
・月次予算書を毎月作成し、理事会承認後、週報に添付して会員に状況報告をする。

  

バナースペース

岩国中央ロータリークラブhttp://www3.ocn.ne.jp/~iwakunic/

〒741-0062
岩国市岩国1−1−7
岩国国際観光ホテル 内

TEL 0827-43-2270
FAX 0827-43-2948
E-mail:iwakuni.c-rc@waltz.ocn.ne.jp